ヒメカノ

僕のニックネームは四朗。割引籠りです。再びずっと家屋から出てない。だが建物には、近頃やってきたマリアが掛かる。おや、コンピューターです。こいつがあれば更に家から出る必要もない。カワイイ僕の亭主。
のハズが、突如僕の家屋にやってきた親友の次女・怜奈が、マリアを……マリアを窓から外部に放り投げやがった!糞アマが!
ブチギレタ僕。謝っても絶対ゆるさねえ!胸倉を掴み、殴ろうとしたとき、ふとした拍子で亭主の衣類を脱がしてしまい、胸を見てしまう。
露わになる怜奈のおっぱ○。僕は驚いていた。あまりにもでかく、それでいて淫靡なスタイルをやるからです。先が僕に吸え吸えといっているようで、もはや見てるだけでおかしくなってくる。
元来、僕は亭主に手を出してしまい、のち、殴られた。で、亭主の兄であり、親友の洋介も交えて懺悔会をすることに。
しかし、妙な言葉になって来た。どうも怜奈とエッチするのはOUTらしいが、僕のオ○ニ―を手伝うのは思わしいらしき。という結果、亭主が僕の自慰を手伝う状況に!?
しかも僕には他にも美少女があれちを迫ってきて……
書籍作品はM&Uさんの作品。ブ男が美少女とエッチしまくる作品だ。
大人気のこういう作品、魅力はどこにあるのでしょうか?反応を交えて敢行解説していきたいと思います。
書籍作品はあまりの看板から、関連グッズとして3作品まぶたまで製作された作品だ。書籍作品はその第はじめ弾。全ての発祥を描いた作品ですね。
あらすじは明快。ブ男にして引き籠りの四朗が、親友の次女です美少女・怜奈とふとした結果エッチしてしまい、それからはずるずると他の美少女も交え、エッチしまくりのプレイボーイに向かうという方法。
書籍作品の一番の魅力は、断然3DCGのクォリティの高さでしょう。コミックウェブページにチェンジされていますが、それでも元のCGの仕上がりが非常に良く、一際女体のセクシーさ、現実さは本物にも引けをとらないものがありますので、パソコンでもテレフォンウェブページでも楽しむ事が可能です。
ちなみにですが、DMMだと全140ホームページという高の多さが何より目立ちます。その上費用が3桁で非常に安く、精一杯色合いのコミックなので読みやすいと言う。だからヒットしているんでしょうね!
これは一度、例を見てみて下さい!後悔しない出来だ!
山形県の興信所